院長ブログ

食事方法とCOVID-19

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、食習慣の違いが新型コロナウイルスの重症化に関係しているという論文がでましたので、シェアいたします。

アメリカスタンフォード病院からの報告で、新型コロナウイルス感染者568人が対象になっています。

その結果、植物性食品ベースの食事を実践していた群はそうでない群と比べると、新型コロナウイルス罹患後中等症~重症になる割合が73%も少ないことが判明したのです。

さらに、植物性食品摂取+魚摂取をしているグループと摂取していない群を比較した場合、魚摂取群のほうが59%中等症~重症になるリスクが減ったのです。

まだまだ研究が必要なことだと思いますが、まずは食事のとり方を考え直すのも良さそうですね。

 

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ循環器専門医資格を多くの医師が有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、管理栄養士、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

タグ: |

コーヒーを飲むと糖尿病になりづらくなる?

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、『コーヒー摂取と糖尿病の関係』についてお話します

糖尿病の危険性

今更ながらですが、一度糖尿病について簡単に復習をしておきましょう。

糖尿病になると、いったいどんな危険があるのか?ということです。

これは、あらゆる病気のリスクが高くなると言っても過言ではありません。

がんのリスクも上がると言われていますし、当然動脈硬化のリスクも上がります。

動脈硬化のリスクが上がると、心筋梗塞や脳卒中のリスクもあがる。

だからこそ、私達は糖尿にならないように日々気をつけることが必要です。

そこで今回のお話になります。

コーヒーを飲むと糖尿病に罹患するリスクが減少するという報告なのです。

コーヒー摂取と糖尿病のリスク

オランダのエラスムス大学のチームがこの点に関して研究、報告をしています。

対象は約15万人です。

結果ですが、1日1杯のコーヒーを飲むと、糖尿病の発症リスクが4~6%低下したというものでした。

そしてこの結果はインスタントコーヒーを飲むよりもドリップコーヒーを飲んだ場合に強かったそうです。

では、なぜこのような結果になったのか?ということですが、どうやらコーヒーによる抗炎症効果が関与していたのではないか?と考察しています。しかし、この考えはあくまでも考察に過ぎず、今後のさらなる研究が必要とされるところだと思います。

コーヒーには抗炎症効果があるものの、カフェインの過剰摂取の問題もあります。

あくまでも適度な量で楽しむということを忘れないようにしたいですね。

 

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ循環器専門医資格を多くの医師が有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、管理栄養士、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

 

 

タグ: |

心筋炎と新型コロナウイルス

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、「心筋炎と新型コロナウイルス」についてお話しますね。

心筋炎

新型コロナウイルスは様々な合併症を引き起こすことがしられており、その一つに心筋炎があります。

心筋炎とは、心臓の筋肉がウイルスや細菌類に感染し、炎症を引き起こすものです。

通常、風邪のような症状ととても似ており、明らかな心筋炎症状を起こさない、いわゆる無症候性の心筋炎も存在します。

一方で、劇症型心筋炎といって、心臓が停止してしまうほどの強い感染・炎症を起こすこともあり、命に関わることも少なくありません。

今回、アスリートを対象に、新型コロナウイルス感染による心筋炎の罹患率を調査した研究が報告されました。

心筋炎と新型コロナウイルス

対象は、13大学のアスリート1,597人で、全員に心臓MRI検査を施行、心筋炎の発症有無を調べました。

その結果、37例、全体の2.3%が心筋炎と診断され、そのうちの9例が症候性の心筋炎を発症。残りの方は無症候性という症状のみられないものでした。

心筋炎はアスリートの突然死の一つといわれているものです。

しかしながらアスリートに限らず、もし自分や周りの人が新型コロナウイルスに感染した既往があるのであれば、心筋炎の後遺症がのこっていないか、一度心臓エコー検査など心臓の検査を行ってみるのも良いかもしれませんね。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ循環器専門医資格を多くの医師が有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、管理栄養士、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

タグ: |

★最重要★発熱・風邪症状の方へ

院長の杉岡です。

当院では院内感染症拡大防止及び皆様の安全に配慮し、

以下の措置を取らせていただいております。

【現在37.1℃以上、または、2週間以内に発熱(37.1℃以上)、または、風邪症状の方へ】

①今までに来院の無い方(初診)→オンライン診療のみ受付中

②来院したことはあるが定期通院中ではない方→来院前に、お電話にてお問い合わせください。

③当院に定期通院中の方→来院前に、お電話にてお問い合わせください。

※オンライン診療の詳細はこちらをご確認ください。

※ご自身がどのケースかわからない場合も、お電話にてお問い合わせください。

 

【換気をさらに徹底します】

頻繁に換気を行っていますので、是非暖かい服装にてご来院ください。

 

【予約済みであってもくれぐれも無理をされずに】

発熱・風邪症状を感じるときには無理をせず、来院前に当院にお電話にてご相談ください。

 

感染症拡大防止と地域住民のかたの健康を守るための苦渋の決断です。

恐れ入りますが、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 

すぎおかクリニック

047-406-7272

甲状腺機能低下症と長時間労働

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、『甲状腺機能低下症と長時間労働』についてお話します。

甲状腺機能低下症

甲状腺という臓器から甲状腺ホルモンが分泌されています。このホルモンは簡単に言うと体の代謝を司るホルモンです。このホルモンが分泌されすぎると代謝が過剰亢進し、汗をたくさんかく、動悸がする、体重が落ちる、などの現象が出現します。そしてホルモンの分泌量が低下しすぎると代謝が低下し、冷え性や体重増加、むくみ、ぼーっとするなどの症状が出現し、甲状腺機能低下症と呼ばれています。

甲状腺機能低下症はストレスなどによっても誘発されると言われていますが、今回甲状腺機能低下症が長時間労働に関連していると言う報告がなされました

甲状腺機能低下と長時間労働

こちらは韓国から報告された研究データです。

結果として、甲状腺機能低下症は、1週間の労働時間が53~83時間の人は、36~42時間の人に比べて発症する率が高いことが判明しました(3.5%対1.4%)。また、労働時間が週10時間未満の人に比べて、労働時間が1週間当たり10時間増加するごとに甲状腺機能低下症の発症リスクが1.46倍になることも判明しました。

この研究で長時間労働が甲状腺機能低下と関連していたという報告はあるものの、研究参加者の社会的背景などを分析し、さらなる研究も必要だと思われます。

長時間労働をせざるを得ないストレスなど、今回の調査項目に含まれていない背景が甲状腺機能低下に寄与してる可能性もあるからです。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ循環器専門医資格を多くの医師が有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、管理栄養士、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

タグ: |

血圧はどこまで下げたらいいのでしょうか?

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、『血圧はどこまで下げたら良いのか?』という話です。

先日、New England Journal of Medicine誌に、高血圧患者さんに対して血圧を厳格に下げたほうがいいのか?標準降圧でよいのか?に関する研究報告がなされましたので、シェアさせていただきます。

厳格降圧と標準降圧

対象者は約9000人。収縮期血圧目標120mmHg未満の厳格降圧群(4,678例)と、140mmHg未満の標準降圧群(4,683例)に分けて調べています。

約3.3年の追跡期間で、心筋梗塞や脳卒中、心不全、心臓血管死としてんのイベント数を調べました。

結果は、イベントの発生は標準降圧群で2.40%/年、厳格降圧群で1.77%/年と20%以上心血管イベントが厳格降圧群で低く、同様に全死亡率も厳格降圧群で20%以上の低下が見られました。

ただ、厳格降圧群が全てにおいてよかったわけではありません。

低血圧、電解質異常、急性腎障害/腎不全、失神などの重篤な有害事象が、厳格降圧群で有意に高頻度だったのです。

この研究から言えること

確かに血圧を厳格に下げると、死亡率は減りそうです。しかしながら一定の割合で血圧が下がりすぎる人もいる、腎機能が悪くなる人もいるなど厳格降圧は決して完全なものではないということです。

また、血圧管理は基礎疾患によって大きく目標値も変わってきます。

糖尿病や腎臓病、大動脈解離後など、条件次第では厳格な降圧が必須という方もいらっしゃいます。

また年齢によっても目標血圧値を考慮する必要があるかもしれません。

降圧剤を飲んでいらっしゃる方はぜひ主治医の先生と相談し、適正血圧を目指してくださいね

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ循環器専門医資格を多くの医師が有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、管理栄養士、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

 

 

タグ: | | | |

前夜に不健康な食事をすると、翌日の体調が悪くなる?

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、不健康な食事と翌日の体調についてのお話です。

みなさんは、夜遅くについ不健康な食事をしてしまうことはないですか?

今回、興味深い研究報告があったのでシェアしますね

不健康な食事と翌日の体調

対象は97人。この方たちが、前日夜に食べ過ぎた、寝る前にジャンクフード食べてしまったなど、不健康な食事をした翌日の体調との関連について調べています。

その結果、不健康な食事をした翌日には体調不良を抱えている人が多い事が判明しました。

体調不良とは、頭痛や腹痛、下痢などがあったそうです。

また、感情面として翌日には罪悪感などのマイナス感情を抱きやすいことも判明しています。

今回の研究で、なぜ前日の不健康な食事が翌日の体調に影響を及ぼすのか?までは不明確なままです。

しかし、食べすぎに伴う消化不良や、深夜までおきていることでの睡眠不足が体調不良を引き起こしている可能性はありそうです。

一方で不健康な食事とマイナス感情との関連はもう少し複雑です。

言い換えると、不健康な食事がマイナス感情を引き起こしたのか?マイナス感情を持っている人が不健康な食事に走りやすいのか?どちらが原因でどちらが結果なのか?がはっきりしないからです。

ただ、不健康な食事は間違いなく生活習慣病や動脈硬化の原因となり、結果的に心筋梗塞や脳卒中の危険性を高めてしまう可能性があります。

どちらにしても不健康な食事を極力へらす努力はしたほうが良さそうです。

そして、もし昼間に体調が悪いと思ったら、前日の食事を振り返ってみるのも大切ですね。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ循環器専門医資格を多くの医師が有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、管理栄養士、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

 

 

タグ: | |

心臓病と余暇の運動

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、心臓病と余暇の運動についてお話します。

心臓病と運動

心不全や心筋梗塞などの心臓病になると、心臓の機能がある程度低下してしまうことがよくみられます。そこで、そのような病気にかかったあとはなんとかして心臓を安定化させ、心機能を良好な状態に持っていきたいものです。そこでよく医療現場で使われているのが心臓リハビリテーションです。

心臓リハビリテーションは医療機関内で専門スタッフがサポートしながら行う運動で、心臓病の再発に非常に有用と言われています。筋トレや効果的な脈拍数での有酸素運動が行われます。

このように、心臓病に運動はとても大事です。そして同様に心臓病の予防にも運動は有用です。

今回は、余暇での運動量と仕事内での運動量がそれぞれ心臓病のリスクをどう変えるかを研究した報告が出ましたので、そちらをシェアいたします。

心臓病と余暇の運動

デンマークの20~100歳の10万4,046人を対象年経研究で、余暇の運動量と仕事中の運動量をそれぞれ「低値」「中等度」「高値」「極めて高値」の4群に分け、約10年間追跡しています。

その結果、余暇時間の運動量が低値の群に比べ、中等度以上の群で主要心血管イベントが15%から20%以上もへっていたのです。そして驚くべきことに、仕事中の活動量が高値の群は低値群に比べ、心血管イベントが15%増加しており、更に極めて高値の群では35%も増加していたのです。

つまり、余暇時間での運動量が多いと心臓病に関するイベントを起こしづらく、仕事中の活動量を増やすと心臓病に関するイベントが増えてしまうという研究結果だったのです。

余暇時間の身体活動が心臓の健康を促進する一方で、職業上の身体活動は有害な可能性があるという考え方です。

運動はしています。しかしそれは仕事中の運動のみです、ということがあなたにも当てはまるとしたら、休暇中の運動を増やさなければいけないのかもしれませんね。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ循環器専門医資格を多くの医師が有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、管理栄養士、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

タグ: | |

加工肉の食べ過ぎは死亡リスクを高めてしまうかもしれない

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日のテーマは『加工肉と死亡リスク』についてです。

これまで肉類の過剰摂取があまり健康によくない、といった研究はたくさん出ています。

しかし、その多くは欧米を中心とした研究です。

今回シェアする研究は、PURE研究といって南アジア、アフリカの方も登録された研究で約13万人のかたが登録された研究です。

この研究では、加工肉の摂取量と総死亡率、また心臓血管死との関係性を研究しています。

加工肉と心臓血管死

追跡期間は約9.5年です。

結果として加工肉の摂取量が150g/週以上の人は、加工肉を摂取していない人に比較し、総死亡のリスクが有意に高く、そのリスクは1.51倍でした。また、主要心臓血管イベントのリスクは1,46倍でした。

一方で、未加工の赤肉の摂取量が250g/週以上の人の総死亡リスクは、摂取量50g/週未満の人に比べて統計的な有意差は全くみられなかったのです。

この研究での加工肉の定義は塩漬けされたものや保存料が入ったものなど、人の手が加えられたもので、この研究からは人手を加えた肉のみが体に良くない、という結果だったのです。

しかし、これだけで加工肉のみが体に悪い、と結論づけるのはまだ早く、ひょっとしたら加工肉を食べないようにしている人の生活習慣そのものが、加工肉をたくさん食べている人と違う可能性があるということです。

たとえ野菜の摂取量に差はないか?運動量に差はないか?といったようにどれだけ自分の健康を意識しているか?で病気の発症率はかなり変わってくると思います。

みなさんも、あらゆる側面から自分の健康を是非振り返ってみてください

 

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ循環器専門医資格を多くの医師が有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、管理栄養士、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

 

タグ: |

低用量アスピリン内服は、新型コロナウイルスの感染リスクを減らすのか?

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日のテーマは『低用量アスピリンと新型コロナウイルス』です。

アスピリンの内服は、心臓血管病の予防の意味で世界中でとても多くの人に使われている薬剤です。

このブログをお読みの方の中でも、狭心症や心筋梗塞など実際に心臓発作を起こした方で、すでに内服されている方も多いと思います。

今日は、この低用量アスピリンが新型コロナウイルスの感染リスクを減らすかもしれないという報告をシェアいたします。

アスピリンと新型コロナウイルス

イスラエルのEli Magen氏らによるこの研究は、「The FEBS Journal」に2月23日報告されています。

対象者は、2020年2月から6月の間に新型コロナウイルスPCR検査を受けた患者1万477人で、

次のような結果を得ました。

低用量アスピリンを服用している人の割合は、新型コロナウイルス検査陽性群では11.03%(73/662人)、陰性群では15.77%(1,548/9,815人)であり、陽性群で低いことが判明しました。また、アスピリンを3回以上処方された患者さんにおいては、アスピリンを服用していない患者に比べて、新型コロナウイルスに感染するリスクが29%低かったというものでした。

しかし、この結果を踏まえてアスピリンが新型コロナウイルス対策に必須である!と断定するのはまだ早いです。

これを証明するには、複数の医療機関や国をまたいだ大規模臨床研究が必要となります。

そして、低用量アスピリンが効果的だったのか?服用している方とそうでない方の生活背景、生活習慣にそもそも違いがあったのか?そんな懐石も必要になってきます。

ですから現時点では、こんな考え方もあった、まだまだ仮説の域である、と認識しておいたほうが良いかもしれませんね。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ循環器専門医資格を多くの医師が有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、管理栄養士、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

タグ: | |