タグ:心臓病

心不全パンデミック

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、『心不全』についてのお話をしようと思います。

心不全って何?

心不全とは、心臓の機能が何らかの原因で低下してしまい、全身に十分な血液を送れなくなる状態です。

心臓の機能が低下する原因はたくさんあります。

例えば虚血性心疾患と呼ばれる病気。これは、冠動脈という心臓に栄養を送る血管が、動脈硬化などが原因で狭窄もしくは閉塞してしまい、心臓の筋肉が栄養不良(虚血)状態になっている病気です。

また、弁膜症も心不全の原因となります。

心臓には4つの弁がついており、心臓内の血流を潤滑にする役割があります。

しかし、弁が固くなったり、一部が断裂したり、などなどで弁の狭窄もしくは逆流が生じることがあります。

弁疾患が高度だと、心機能に影響を及ぼしてしまいます。

高血圧が原因で心不全を起こすこともあります。

肥大型心筋症や拡張型心筋症のような、心臓の筋肉に問題があって心臓機能が低下することもあります。

これ以外にも心不全の原因はたくさんあるのですが、専門的な話になってしまいますので、この話は別の機会に話したいと思います。

心不全の高齢化

今は、心不全に対する治療法がどんどん進化しています。

薬剤の進化、心臓付近に埋め込む心臓補助の機械の進歩(デバイス)、これらはペースメーカー、ICD、CRTDがそれに当たります。心臓手術も格段に発展し、開胸しなくてもすむカテーテル治療もどんどん進んでいます。ステント留置にはじまり、TAVI、Mitral Clipなど・・・・。

言いたいことは、心不全の治療がどんどん進んだことにより、患者さんの高齢化が進んでいるということです。

年々、心不全の患者さんは増え続け、その状態はもはやパンデミックといわれ、『心不全パンデミック』という言葉さえ生まれています。

心不全パンデミックの状態になると、入院医療が必要な高齢心不全患者さんがどんどん増え、病院が患者さんを受け止めきれなくなる事態、つまり入院が必要でも入院できない状態が想定されること、また医療費が莫大にかかることなど、社会的な問題が起こる可能性も考えられます。

心不全パンデミックを防ぐ方法

心不全パンデミックを防ぐ上で、いちばん大切なこと、それは心不全の兆候がでたらいかに早めに対処できるか?です。心不全はある日突然心不全を起こす人もいますが、徐々に徐々に心不全の状態にゆっくり悪化していく人も大勢います。この悪化の初期サインを見抜くことができれば心不全に伴う入院を回避することが可能となります。

心不全の初期サインにはどんなものがあるでしょうか?

典型的症状の一つに息切れ、があります。

しかし、息切れと言っても心不全の初期症状のみで出るわけではなく、肺疾患の場合、または高齢の場合、体力や筋力低下の場合、などプロの目からみた鑑別診断も必要となります。

また、むくみも心不全の初期症状の一つです。

心不全が悪化してくると、全身の水分を上手に腎臓から排出できなくなってくるため、体内に水分が蓄積してきます。その水分が下肢のたまったときに下肢のむくみとなります。そして、むくみと同時に体重も増加することが多く見られますので、むくみとともに体重増加があるか、をチェックする必要があります。

そして、むくみも同様に鑑別診断が必要です。

むくみを呈する疾患には、肝臓病、腎臓病、心臓病などの内臓障害以外に、貧血や甲状腺機能異常などでもでてくることがあります。

もう一つ、欠かせないこと、それは定期的に検査を行うことです。

心不全は、息切れなどの心不全症状が出現する前に、検査上で異常が見つかることがあります。

例えば心電図で不整脈が始まった、心臓エコー検査で心臓が以前より張ってきている、血液検査で心不全を示す数字(NTProBNP)が上昇してきている、などです。特に、心不全の既往がある方は定期的なこれらのチェックが絶対に必要となってきます。

最後に、心臓のリハビリ(心臓リハビリテーション)です。

狭心症や心筋梗塞、心臓手術、心不全などの心臓病を起こした方の多くが日常生活に不安を抱えています。

どれくらいの活動をしていいのか?どれくらいの活動をするべきなのか?心臓に無理をかけすぎて心不全がおきないか?などです。

心臓リハビリテーションは、心臓に一定の無理のない負荷、運動をして心臓を鍛えていくリハビリです。

特に、心不全の再発予防に心臓リハビリテーションは絶大な効果を発揮します。

心臓リハビリテーションとは、医療スタッフが付きそう監視型リハビリテーションです。個々人に合った運動量や心拍数を見ながら、その人の運動能力や心臓能力に最適な運動を病院内で行っていくタイプのもので、患者さんも医療者に見守られながら適切な運動ができるので、安心してリハビリが行なえます。

当院でおこなえる心不全予防

当院では、上述したエコー検査、心電図、心不全チェックの血液検査などがすべて揃っています。

ご希望のかたには心臓リハビリテーションも提供しています。

医師は循環器専門医が複数在籍していますので、心不全に限らず、循環器疾患でご相談事があればお気軽にご来院ください。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ全員が循環器専門医資格を有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

 

 

循環器疾患の講演会『Cardiovascular Joint Meeting』

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

昨日は、『Cardiovascular Joint meeting』という講演会に招待されました。

講演会で話したこと

そこでは、心不全における心拍数の管理について、千葉県とそして船橋市を代表するドクター達とディスカッションを交わしてきました。

今、心不全における高齢化とともに、難治性の心不全の患者さんが爆発的に増加しています。

特に、心不全を起こしやすい患者さんは、心拍数が高いことが往々にして見られます。

心不全患者さんに対して心拍数をどうコントロールしていくべきか?これは今の心不全管理において非常に重要なテーマの一つです。

というのも、患者さん個々に応じて心拍数を下げたほうが良いのか、むしろ早くしたほうが良いのか?この判断が非常に難しいからです。

心不全管理で大切なこと

今や船橋市を始めとする多くの救急病院では心不全患者さんが常に多数入院されています。

そのために、どうしたら心不全の再入院を防ぐことができるか?これがとても重要になってきます。

そこで、でてきたのが心不全患者さんへの心拍数コントロールという概念です。

当院のような循環器患者さんが多く来院するクリニックでは、来院される患者さんが心不全にならないように、その兆候を見逃さないように、そして船橋市立医療センターのような救急病院に入院治療を行わなければいけない状況を防ぐために、やることはたくさんあります。

今回の講演会では、新たな心不全治療における光明が見えてきた気がします。

とても有意義な討論をすることができました。

循環器領域における当院の役割

すぎおかクリニックでは、多数の心不全患者さんが通院されています。

そして、心不全や心機能低下の原因には糖尿病を始めとする生活習慣病のウエイトが多くを占めます。

当院には循環器専門医が多数在籍し、心エコーの専門技師を有し、循環器経験豊富な看護師や心臓リハビリ指導士、糖尿病療養指導士、栄養士がいます。

大切なこと、それは日頃のプロ目線でみた循環器管理と生活習慣病管理です。

症状が出てから対処するのではなく、如何にして心不全症状を出させないか?如何にして糖尿病などの数値を安定化させ合併症を未然に防ぐか?だと思います。

この最高の循環器チーム、糖尿病チーム、心不全チームでこれからも船橋市のクリニックにおける循環器治療の中心を担っていきたいと強く感じました。

船橋習志野心不全連携シンポジウムに呼ばれました

心不全に関するweb講演会「船橋習志野心不全連携シンポジウム」で座長をしてきました。

倉敷地区での心不全に関するチーム医療の話をお聞きし、心不全診療に関する有意義なディスカッションができました。そして、船橋地区でも多くの病院、クリニックがチームを組んで心不全医療に更に積極的に携わる必要があると、感じました。

血糖管理と循環器リスクと加齢

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

一般的に、加齢とともに血糖値があがってしまうために、狭心症や心筋梗塞などの循環器疾患リスクが加齢により増えてしまうと言われています。

でも年をとったから循環器疾患になってしまっても仕方ない、とあきらめるのはもったいないです。

加齢と血糖と心臓病

加齢とともに空腹時血糖値が大きく上昇するグループでは循環器病累積発症率が高い一方で、中年時に血糖値が高くてもその後適切にコントロールできたグループでは発症率が低くなった、という研究結果が国立循環器病センターから報告されました。

「Longitudinal Trajectories of Fasting Plasma Glucose and Risks of Cardiovascular Diseases in Middle Age to Elderly People Within the General Japanese Population: The Suita Study」

この研究では3つのグループに分けて研究が行われました。

(1)中年期の血糖値は高いがその後適切にコントロールされた群、

(2)中年期から血糖値が緩やかに上昇する群、

(3)中年期から老年期に血糖値が急上昇する群

この3つのグループでの循環器病累積発症率は、(1)のグループが最も低く、順に(2)、(3)と上昇シていました。

何歳になっても、空腹時血糖値をしっかりコントロールすることで、循環器疾患の抑制はいくらでもできる、ということですね。

もう年だから好きなもの食べてやる、甘いものどんどん食べるぞ、という考えは間違っていますよ。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ全員が循環器専門医資格を有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

心房細動と燃え尽き症候群

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、『心房細動と燃え尽き症候群』についてのお話です。

不整脈と疲労

疲労困憊や燃え尽き症候群(バーンアウト)を起こすような人では、心房細動と呼ばれる不整脈の危険性が高くなる、という論文が発表されました。

『Associations of anger, vital exhaustion, anti-depressant use, and poor social ties with incident atrial fibrillation: The Atherosclerosis Risk in Communities Study』

燃え尽き症候群のような状態になると、体内の炎症反応の上昇や、ストレス反応の増強が起こると言われています。

このようなバーンアウトの人は、バーンアウトが全くない人に比べ、心房細動のリスクが20%も高くなることが判明しました。

心の状態と心臓の状態は強く関連しており、精神的なストレス下にあるとき、心臓は異常なリズム、つまり心房細動で反応することがあるということを示唆していると思われます。

心臓の病気は強くストレスや疲労の影響を受けます。今回のような心房細動という不整脈以外にも狭心症や心筋梗塞など、ストレスに影響を受けやすい心臓の疾患はいくつもあります。

ストレスを感じている人は、無理をしすぎて燃え尽き症候群にならないよう、頑張りすぎないよう、無理をしすぎないよう、調節が大事です。何事もやりすぎは禁物ですね。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ全員が循環器専門医資格を有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

 

心不全の総論

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、心不全に関する全般的なお話です。

心不全とは?

心不全という病気は、心臓のポンプ機能が何らかの原因によって低下してしまい、全身に十分な血液が循環していない状態を指します。

心不全の原因としては様々ですが、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、高血圧、僧帽弁や大動脈弁などの異常による弁膜症、肥大型心筋症や拡張型心筋症、など存在します。

また心臓に起因しない2次的な心不全もあります。例えば貧血や甲状腺機能亢進症が原因で心不全を発症することもあります。

心不全の治療

治療薬もそのかたの状態によって大きくかわります。

たとえば入院を必要とするような急性心不全と、慢性的に経過を診ていく慢性心不全なのかによっても使う薬は変わってきます。

代表的な薬には、体内の水分を体外に排出しやすくする利尿剤、血管を広げる血管拡張剤、心筋の収縮力を強化する強心剤などがあります。最近は、さらに新薬が発売されたりもしています。

心不全の治療、投薬内容、受診間隔などは患者さんの状態によって全くかわってきます。

心不全の予防

ここが一番重要です。

心不全が悪化してくると、急に呼吸困難が出現して救急車で担ぎ込まれることも珍しくありません。

そのために、普段から心不全の軽微な前兆を見逃さないこと、そして定期的な検査をしっかりと行うことが必要です。

定期検査としては例えばレントゲン検査で心臓が大きくなっていないか?胸水は溜まってないか?

血液検査で心不全の指標となるNTProBNPの値に変化はないか?電解質異常はないか?

そして、心臓エコーの検査で心臓の収縮力は低下してないか?弁の狭窄や逆流は進行していないか?

心電図で不整脈はでていないか?

そういった総合的なアプローチが大切です。

特に、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を抱えている人は、心不全をおこしやすい素因を持っていると言えます。

もし、心不全のような症状がでていなくても、自分の心臓は問題ないのか?是非定期チェックを受けることをおすすめします。

心臓や血管の動脈硬化が心配なかたへ、当院では血管ドッグを行っています。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ全員が循環器専門医資格を有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

 

 

心筋梗塞って何?

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は『心筋梗塞』についてお話します。

心筋梗塞って何?

心臓はその殆どが筋肉でできており、心筋と呼ばれています。

そしてその筋肉に栄養を送る血管が存在し、冠動脈と呼ばれています。

冠動脈は、心臓の筋肉の周りに張り巡らされており、この血管が詰まってしまうと心臓の筋肉に栄養が送れなくなってしまい、その場所の心筋は壊死してしまいます。

これが心筋梗塞です。

では、冠動脈が詰まり、心筋梗塞になるとどんな問題がでてくるのでしょうか?

心筋梗塞で起こること

心臓の筋肉が壊死すると、どんな事が起こるのでしょうか?

心筋梗塞には様々な合併症があります。

まず、壊死した部分の心臓は動かなくなろので、心臓のポンプ機能が大幅に落ち込みます。

ポンプ機能が低下すると、全身に十分な血液を送り込めなくなり、『心不全』という状態になります。

重症の心不全では、ショック状態となり、血圧が急激に低下し命に関わることがでてきます。

次に、『不整脈』が考えられます。

不整脈の中にもたくさんの種類がありますが、心筋梗塞に伴い、しかも命取りになる不整脈に『心室細動』という不整脈があります。心室細動をおこすと一瞬で心臓が止まってしまい、命を落とします。

この不整脈は心筋梗塞をおこしてすぐに出現することもあり、心筋梗塞による突然死の主な原因の一つです。

心室細動を起こしたときにはAEDという機械で除細動を行うことで一命を取り留めることが可能です。

他には、心臓に穴が空いてしまう『心破裂』や『心室中隔穿孔』など重篤な合併症がいくつもあります。

心筋梗塞を予防するために

では、心筋梗塞を予防するためにはどうすればよいのでしょうか?

何よりも大切なのは生活習慣です。もはや言うまでもないことですよね。

高血圧や脂質異常症、糖尿病の管理、肥満や運動、喫煙などのコントロールが不可欠です。

いわゆる動脈硬化を防ぐことが大切です。

もう一つは、しっかり検査を受けるということです。

胸がおかしいな?と感じた時に心臓のせいなのかどうなのか?これを専門医に相談してください。

特に、高血圧などの生活習慣病を抱えている人は、定期的な動脈硬化チェックの検査が必要です。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ全員が循環器専門医資格を有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

 

 

 

冠攣縮性狭心症と労作性狭心症

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、狭心症という病気についてのお話です。

狭心症

狭心症という病気は、心臓に栄養を送る血管(冠動脈)が動脈硬化などが原因で細くなっていしまい、(狭窄)心臓に十分に栄養を送れないというものです。

狭心症が進行すると、冠動脈が閉塞してしまい、心臓に全く血をおくれなくなってしまいます。

そうなると心臓の筋肉が壊死してしまう心筋梗塞を発症、命取りになりかねません。

したがって、この狭心症という状態で病気をいかに発見し、進行させないか、そして安定させるかが極めて大事になってきます。

自分が狭心症かどうかを確かめる上では、狭心症に典型的な症状がどんなものか?を知っておくと良いと思います。

労作性狭心症と冠攣縮性狭心症

狭心症は大きく2つに別れます。

1つ目は労作性狭心症。これは動脈硬化が原因となり、冠動脈が狭窄している状態です。冠動脈が狭く、十分な血液が心臓の筋肉に送れないために、心臓に少しでも負荷がかかると容易に心臓は虚血状態(血液の供給が足りない状態)になり、胸痛などの症状がでてきます。負荷がかかる状況とはいわゆる運動時です。典型的な症状は朝方歩行時に胸の痛みが数分続いたが、歩くのをやめたら症状が消失した、というものです。

この場合は病院などで運動をしていただいて心電図をとる、運動負荷心電図の検査が狭心症の診断にとても有効です。

狭心症には一方でもう一つのパターンがあります。それが冠攣縮性狭心症と呼ばれるものです。

この病気は、冠動脈に動脈硬化に伴う狭窄がまったくないか、殆どないことが多く、運動しても胸痛などの症状が出現しません。しかし、何かのきっかけで急に冠動脈が痙攣し、キューッと狭くなってしまうことがありそのときに胸部症状が出現します。たいてい、5分くらいで冠動脈の痙攣はとまるので、自然と胸痛もなくなります。この痙攣、いつ起きても不思議ではありませんが、典型的なのは就寝中の朝方です。朝4時か5時頃に突然の胸痛で目が覚めたが、5分位様子を見ていたら自然と症状が落ち着いてきた、というようなものです。

どちらの狭心症のパターンも、放置することで心筋梗塞を起こしかねません。

もし、気になる胸部症状などあれば是非循環器の病院に受診することをおすすめします。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ全員が循環器専門医資格を有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

 

豆腐の摂取は心臓疾患のリスクを下げる?

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニックです。

今日のテーマは、『豆腐と心臓病』です。

豆腐と心臓病

ある報告で、豆腐などのイソフラボン含有量が多い食品を定期的に摂取していると、冠動脈疾患(心臓病)の危険性を減らせるという報告がありました。

『Isoflavone Intake and the Risk of Coronary Heart Disease in US Men and Women』

この研究の参加者は20万人超で結果を解析したところ、豆腐を週1回以上摂取した群は月1回未満の群と比較して、冠動脈疾患発生のイベントリスクが18%低下したというのです。

そして、この効果は閉経前の女性に強く見られたということです。

一方で、豆乳の摂取による心臓血管病の減少効果は得られなかったようです。

そして、解析を進めると、

イソフラボン摂取量の多さは、野菜摂取量や身体活動量の多さと関連しており、豆腐の摂取頻度が高かった群も同様の結果とともに、肉類やトランス脂肪の摂取量が少ない傾向があったということも判明しました。

この研究から言えること

豆腐のようなイソフラボン高含有食品さえ食べていれば、心臓病が防げるというわけではありません。

豆腐を普段から定期的に食べる人は、その他の食事や運動などの生活習慣にもしっかりと注意を払っているようです。

やはり、大切なのは総合力・・ですかね

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ全員が循環器専門医資格を有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください