院長ブログ

高血圧の薬は飲み始めたら一生飲むのか?

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、高血圧の薬についていお話します。

薬を飲んだら一生やめられないの?

当院に高血圧で相談にいらしたかたから、非常に多く受ける質問があります。

それは、『薬って始めたら一生やめられないんじゃないんですか?』

という質問です。

結論からいうと、

『そんなことは全くありません』

です。

なぜ先生は薬を処方するんですか?

高血圧の薬を処方する場合、目の前の患者さんが現時点で薬を必要があるのかは常に考えます。

多少血圧が高くても、生活習慣を改善してみるという希望があればもちろんそれを応援します。

ただ、生活習慣を改善してあっという間に血圧が下がるわけではありません。

来院時の患者さんの血圧が高い場合は、患者さんと相談した上で薬を使いながら生活習慣を改善してもらうか、薬を飲まないで改善したいか、その要望を聞いた上で判断します。

そして、もちろん降圧剤を始めても生活習慣改善によって十分な降圧が得られれば薬の中止は可能なのです。

高血圧の薬はオーダーメイド

薬をどう処方するか?期間は?患者さんは血圧を下げるために頑張る意思があるのか?

そういった様々な要因が重なって薬を使うか、継続するか、中断するか、が決まります。

言い換えればしっかりと生活習慣の改善に努め、塩分や糖分を食べすぎないようにし、しっかりと定期的な運動をしていれば薬はやめられるケースがたくさんあります。

自分がなぜこの薬を飲んでいるのか疑問を感じた場合は、主治医に相談するか、循環器専門医にセカンドオピニオンとして受診することをお勧めします。

 

 

 

当院は循環器疾患と高血圧、糖尿病、高コレステロールなどの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化や心臓病が気になる方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかた、糖尿病の合併症を抱えた方など、船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの地域から来院頂いています。

 

 

<院長プロフィール>

地元船橋の大穴北小学校第一回卒業生です

大穴中学校、県立千葉高校卒業

平成3年千葉大学医学部卒業

平成6年より2年間船橋市立医療センター勤務

平成8年 倉敷中央病院で循環器の専門トレーニング

平成9年より平成26年3月まで船橋市立医療センター心血管センター循環器内科副部長として勤務

平成26年5月すぎおかクリニック開院

<取得資格>

医学博士、日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医など

 

タグ: | | |