院長ブログ

動悸 胸がドキドキ 心房細動②

心房細動という不整脈の症状は、主に動悸です。

胸がドキドキするという表現で表されることが多いですが、息が苦しい、胸が痛い、胸が変な感じ・・・など、のような訴えをおっしゃるかたもいらっしゃいます。

必要なこと、大事なことは、ドキドキしている時に病院を受診することです。

しかし、心房細動の中には、発作性心房細動と言って、一時的にしか心房細動がでない方がいらっしゃいます。

心房細動の最中は動悸があったため病院に行けず、動悸(ドキドキ)が治ってから病院に来る方がいますが、不整脈(動悸)が治ってからだと、心房細動の診断がつけられないこともあります。

とにかく、おかしいな、変だな、と思ったら遠慮せずに早めに外来を受診されてください。

当院では発作性心房細動のかたへは、通常の心電図だけでなく、24時間心電図(ホルター心電図)、心臓エコー検査、など適切な検査を早急におこない、心房細動の確定診断を的確②行っています。そして状況によっては近隣の救急病院と連携をとって、そちらで治療をお願いすることもあります。

心房細動の治療法は、薬物療法が行われる場合と、カテーテルアブレーションというカテーテル治療があります。

次回は治療法についてお話しますね。

タグ: |
すぎおかクリニックLINE公式アカウント

「すぎおかクリニックLINE公式アカウント」只今お友達募集中です!

すぎおかクリニックからのお知らせや役に立つ情報などを配信しています。