タグ:脳梗塞

血圧計と脳梗塞の予後

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、血圧計と脳梗塞の予後についての話です。

最近の論文に、血圧計のカフを使って上腕の圧迫を繰り返すことで脳梗塞の予後が改善する可能性が示されました。

『Safety and efficacy of remote ischemic postconditioning after thrombolysis in patients with stroke』

遠隔虚血ポストコンディショニング

これは、遠隔虚血ポストコンディショニングと呼ばれています。

治療の目標臓器(脳)から離れた部位の血管の血流を短時間遮断し(遠隔虚血し)、それを解除することを繰り返すというやりかたです。

これによって、ダメージを受けた脳組織のダメージが減らせるのではないか?というものなのです。

この研究では、脳梗塞で入院している68人(平均年齢65歳)を2群に分類。一方には遠隔虚血ポストコンディショニングを施行しました。

方法は、血圧計のカフを両腕に巻き、5分間の圧迫と3分間の解除を計40分間繰り返すという方法で、これを入院期間中1日2回行っています。

この結果、脳梗塞の予後評価として頻用される「修正ランキンスケール(mRS)」が良好な点数の割合がこの方法を使ったグループのほうが良かったのです。

また、脳損傷のマーカー(S100β)や血管内皮増殖因子(VEGF)の数値も良好でした。

この結果から、研究者らはこの方法が意義あるものとコメントしています。

遠隔虚血ポストコンディショニングは本当に有効か?

一方でこんな論文も出ています。

こちらは脳梗塞を発症した188人(平均67.2歳 98人が男性)が調査の対象となりました。

 

188人のうちの半数に、上肢ではなく、下肢の虚血コンディショニングを通常の治療に追加しました。

 

評価項目は脳梗塞の体積、90日後の機能や生命等の経過だったのですが、遠隔虚血ポストコンディショニング治療を行っても明らかな硬化は得られなかったのです。

血圧計を使っての血管機能の改善

現時点では、脳梗塞に関しての遠隔虚血ポストコンディショニングの効果はまだ一定の見解が得られていない、と考えても良いかと思います。

ただ、この2つの論文は評価項目が違うので、このやり方で生命予後までの改善は得られないものの、脳梗塞後の機能回復や内皮機能という観点では効果があるのかもしれません。

血圧計で血流を止め、数分後に回復させることを行うと、血管の内皮細胞というところからNO(一酸化窒素)という物質が放出されます。

NOは、血管機能を回復させ、若返らせる上で非常に有効と言われています。

私達は、脳梗塞を起こす起こさないに関わらず、血圧計を測って血流を遮断させることを日常的に行うことにも意義があるのではないか?と個人的には考えています。

ある意味、加圧トレーニングに似ているともいえますね。

 

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ複数医師が循環器専門医資格を有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

 

 

頸動脈狭窄と脳梗塞の関係

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日のテーマは『頸動脈狭窄と脳梗塞の関係』についてです。

脳梗塞の原因

脳梗塞の原因は大きく分けて2つ。一つは脳の血管の動脈硬化によって血管が詰まってしまう場合。もう一つは、不整脈などが原因で、心臓などでつくられてしまった血栓やプラークが、心臓から剥離して脳の血管に飛んで行ってしまう場合。これを脳塞栓症と呼びます。

今日は、脳梗塞の中でも、塞栓症ではなく、脳の動脈硬化による脳卒中の話、その中でも頸動脈が原因として脳卒中を起こすケースについてお話ししますね。

頸動脈

頸動脈は、左右の頸(首)にそれぞれ1本ずつ走行している血管です。我々の頸部には左右の頸動脈と、左右後方を流れる左右の椎骨動脈と、計4本の血管で脳に栄養を送っています。そのなかで、頸動脈が脳に血液を送る領域は非常に広く、めっちゃ簡単に言うと、脳の約半分に栄養を送っています。

ですから、頸動脈が動脈硬化をおこし、狭窄や閉塞を起こすと、とても大きな脳梗塞をおこし、時には命に係わるケースも少なくありません。

ですから、自分の頸動脈がどうなっているかを知っておくのはとても大切なこととなってきます。

頸動脈狭窄症の検査

頸動脈狭窄症の検査のなかで、最も簡便で第一に行うべき検査、それは頸動脈エコー検査です。

頸動脈エコー検査は、体への負担、侵襲が全くなく、何度行っても人体に影響はありません。

ですから動脈硬化のリスクをもっているかた、具体的には高血圧症、糖尿病、脂質異常、心筋梗塞や狭心症の既往のある方、肥満、喫煙者、など当てはまる方は積極的な検査が必要となります。

頸動脈エコー検査で、強度の狭窄が見つかった場合は、カテーテル検査などで血管造影を行い、手術などの治療が必要か判断します。

頸動脈狭窄症の治療

狭窄が軽度(具体的には狭窄50%以下)の場合、薬物療法がメインとなります。血液をサラサラにする抗血小板剤、コレステロール値を下げるスタチン製剤、降圧剤、糖尿があれば糖尿病薬、などです。

狭窄が高度の場合、治療は大きく分けて2つ。一つはCEA(血管内膜剥離術)、もう一つはCAS(頸動脈ステント留置術)。どちらの治療法が適応されるかは、その方の狭窄の形態などで変わってきます。

頸動脈狭窄を見逃さないために

頸動脈狭窄症は、往々にして症状がありません。症状が出た時には頸動脈が完全に閉塞していて脳卒中を発症して初めて狭窄に気付くケースもたくさんあります。

頸動脈狭窄をはじめとする動脈硬化の狭窄はなかなか症状が出づらいという現実があります。脳卒中を起こさないように頸動脈エコー検査を定期的に受けてくださいね。

同様に、心筋梗塞や狭心症を起こさないように、定期的な心臓エコー検査や運動負荷心電図、足の血管が狭窄してないか調べるためのCAVI検査。動脈硬化は症状が出る前の早め早めの検査が必要です。

 

<院長プロフィール>

地元船橋の大穴北小学校第一回卒業生です

大穴中学校、県立千葉高校卒業

平成3年千葉大学医学部卒業

平成6年より2年間船橋市立医療センター勤務

平成8年 倉敷中央病院で循環器の専門トレーニング

平成9年より平成26年3月まで船橋市立医療センター心血管センター循環器内科副部長として勤務

平成26年5月すぎおかクリニック開院

<取得資格>

医学博士、日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医など