タグ:心臓エコー

急性心筋梗塞の検査

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は『急性心筋梗塞の検査』についてお話します。

心筋梗塞をおこすと・・・

急性心筋梗塞は突然の胸痛で発症すると言われています。その症状は激烈でときには嘔吐を伴い、冷や汗を大量にかく、など尋常ではない症状が出ます。

しかし、一方で高齢者のかたや糖尿病の方などは、激しい胸痛を感じず心筋梗塞を起こすことがあります。

ですから、強い症状がなくても何らかの胸部違和感があれば循環器の医師がいる病院へ受診する必要があります。

心筋梗塞の検査

心筋梗塞で最も重要なのが心電図です。心筋梗塞特有の心電図異常を呈するために、ほぼ診断が付きます。

しかしながら心電図で心筋梗塞が診断できるのは8割程度と言われています。つまり残り2割は心電図では判断できないのです。

心筋梗塞が疑われるときに、心電図以外で有効な検査が心臓エコー検査です。心臓エコーでは、心臓の動きが手にとるようにわかるので、心臓のどの部分が心筋梗塞を起こしたか、一目瞭然です。

しかし、この心臓エコー検査は卓越した技術がないと、心臓の動きの悪い部分を見落としてしまうことになりかねません。そこで、心臓エコーに精通した検査技師の存在が欠かせません。

もう一つ欠かせないのが血液検査です。

心筋梗塞を起こすと、心臓の栄養を送る血管(冠動脈)が詰まってしまうので、その先の心筋の組織が一部壊死してしまいます。その壊死した細胞から流れ出た物質を血液検査で計測できるのです。

特に心臓の筋肉の壊死の程度、ダメージの程度を測るのに特に有用なのがCK-MB検査とトロポニン検査です。

ただ大切なことがあります。それは、これらの検査はその場で迅速に結果を出す必要があるということです。その理由は、結果が直ちに出ることで最適最速な対処ができるからです。

もし、胸が痛い、苦しい、などの症状があったら躊躇せずにすぐに近くの循環器医療機関を受診してくださいね。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

<院長プロフィール>

地元船橋の大穴北小学校第一回卒業生です

大穴中学校、県立千葉高校卒業

平成3年千葉大学医学部卒業

平成6年より2年間船橋市立医療センター勤務

平成8年 倉敷中央病院で循環器の専門トレーニング

平成9年より平成26年3月まで船橋市立医療センター心血管センター循環器内科副部長として勤務

平成26年5月すぎおかクリニック開院

<取得資格>

医学博士、日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医など

 

【動画で説明】「胸が痛い!苦しい!」ときの対策

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今後、動画も使いながら、当クリニックで皆様のお役に立てそうなことをどんどん発信してまいりますね。

さて、今日のテーマは

「胸が痛い!苦しい!」ときの対策

についてです。

突然胸が痛くなったり、苦しくなると

ちょっと慌ててしまいますよね。

しかしながら、パニックになってしまいどうしようかと困り果ててしまうよりも、

まずは是非、当クリニックのような専門医に早めにお尋ねください。

早ければ早いほど、打ち手が広がります。

詳しくは動画をぜひご覧ください。

 

心臓のエコー検査を受けましょう

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

みなさんは、心臓のエコー検査(超音波)検査をうけたことはありますか?

健康診断などで心電図や胸のレントゲン、また人間ドッグで腹部の超音波検査を受けた方は多いかもしれません。

しかし、実際のところ、心臓エコー検査を受けたことがない方は非常に多いのが現状です。

心臓のエコー検査でわかること

心臓エコー検査では本当に多くのことがわかります。

心臓の動きが正常か?これによって心不全などを起こすリスクが予測できます。

弁膜症はないか? 心臓の血流を一定に保つ弁の動きに問題がないかわかります。

心筋梗塞を起こしていないか?心臓肥大はないか? 心臓内に血栓はないか?

心臓に穴が開いてないか?(先天的に心臓の隔壁に穴が開いている人がいます)

心臓に菌が付着していないか? などなど。

これらは、胸の症状の有無にかかわらずみられることが多いです。

もし自分に何の胸の症状がないとしても、定期的な心臓エコー検査を是非受けることをお勧めします。

検査を受けるべきの人

高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満など動脈硬化の因子を持っている人

家族に心臓病は脳卒中などの病気を持っている方がいる人

動悸、息切れ、胸部不快などの症状がある人

50歳以上の人

 

健康診断で病気を見つけ出す作業はとても大切です。自分の健康を省みる時間を是非とってくださいね。

当院に通院されている方は、もちろん定期的なエコー検査を専門のエコー検査技師の手で受けて頂いています。

 

心臓肥大(心肥大)とは

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日のテーマは『心臓肥大』です。

心臓肥大

健康診断などで、心臓肥大または心肥大があるといわれたかたもいらっしゃるかもしれません。

健康診断でいわれる心臓肥大は、たいてい心電図か胸のレントゲン写真で指摘されたものです。

ところで心臓肥大とは何でしょうか?

心臓が大きいこと?

これは、ある意味正解でもありますが、不正解でもあります。

心臓肥大とは、心臓の筋肉が人よりも分厚くなっている状態を示します。

高血圧などで、心臓の働きがたくさん必要とされる場合など、心臓が力強く血液を送り出すために、

心臓が筋肉質になるような状態です。

つまり、心臓が大きくても大きくなくても、心臓の筋肉が厚くなっていれば、「心臓肥大」なのです。

心臓肥大の正しい診断

例えば、体の大きな人でも筋肉質の人と、そうでない人がいます。

身体の小さな人でも筋肉質の人もいます。

ですから心臓もその大きさだけでは心臓肥大は判断できません。

特に、胸のレントゲン写真は、心臓全体をぼんやりと映すだけですので、心臓の筋肉の状態まではわかりかねるのです。

では、心臓の筋肉の厚みを知る一番知る良い検査方法は何でしょうか?

それは、『心臓エコー(心臓超音波)検査』です。

心エコー検査

心臓エコー(心エコー)検査では、そのひとの心臓の厚みが正確にわかります。

心臓肥大は、ただ厚いことが問題なのではありません。

大切なことは、なぜ心臓の筋肉が厚くなっているのか? それに伴って心臓の機能はどうなのか?

不整脈は出ていないのか?などなど考えなければいけないことがたくさん出てきます。

心臓肥大を起こす病気はたくさんあります。代表的なものは、『高血圧』や『肥大型心筋症』です。

特に、肥大型心筋症という病気は突然死を起こすこともあります。

健康診断などで、心臓肥大を指摘された場合、是非一度、循環器専門医のもと、心臓エコー検査を受けることが必要です。

<院長プロフィール>

地元船橋の大穴北小学校第一回卒業生です

大穴中学校、県立千葉高校卒業

平成3年千葉大学医学部卒業

平成6年より2年間船橋市立医療センター勤務

平成8年 倉敷中央病院で循環器の専門トレーニング

平成9年より平成26年3月まで船橋市立医療センター心血管センター循環器内科副部長として勤務

平成26年5月すぎおかクリニック開院

<取得資格>

医学博士、日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医など