タグ:インフルエンザ

インフルエンザ警報が発令されています

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニックです。

インフルエンザA型が船橋市でも大流行していますね。

千葉県では1/9にインフルエンザ注意報が発令されていましたが、国の定める警報基準値を超えたため、

1/16日にインフルエンザ警報が発令されています。

東京都でも、12/17日にインフルエンザ警報が発令されましたね。

まだまだ、インフルエンザの勢いは止まりそうになく、感染拡大が懸念されるところです。

咳エチケットとしてのマスク着用や、こまめなうがい、手洗いなど、自分でできる基本的な予防をくれぐれも怠らないようにお気を付けくださいね

 

 

インフルエンザの予防に効くかも?!

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今、爆発的にインフルエンザが流行していますが、皆さんは大丈夫ですか?

そこで、今日のテーマは、『インフルエンザの予防』です。

基本的な予防方法

まずは、基本的なインフルエンザの予防のおさらいです。

1 人ごみ、繁華街へ出かけることを控える

2 手洗い、うがい

3 喉の乾燥を防ぐ、頻回に水分を摂る

4 十分な栄養と休息をとる

これらは、基本的なインフルエンザ予防、風邪予防と言われています。

最近は、緑茶のカテキンが殺菌効果が高いということで話題になっていますよね。

しかし、緑茶を上回る殺菌効果があるかも、と期待されている飲み物があります。

インフルエンザを予防する飲み物 紅茶

それが、紅茶です。

一部の実験によると、紅茶に含まれるポリフェノールが非常に殺菌効果が高く、

しかも、紅茶の飲用頻度が多いほど、殺菌効果がたかかったというのです。

インフルエンザ菌は、口腔内に長くとどまることで発症しやすくなります。

そこで、頻回に紅茶を口にすることで、インフルエンザの菌を胃に流し込み、殺菌。

紅茶ポリフェノールと胃酸による殺菌。

インフルエンザ予防に、毎日の紅茶生活始めてみませんか?

<院長プロフィール>

地元船橋の大穴北小学校第一回卒業生です

大穴中学校、県立千葉高校卒業

平成3年千葉大学医学部卒業

平成6年より2年間船橋市立医療センター勤務

平成8年 倉敷中央病院で循環器の専門トレーニング

平成9年より平成26年3月まで船橋市立医療センター心血管センター循環器内科副部長として勤務

平成26年5月すぎおかクリニック開院

<取得資格>

医学博士、日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医など