院長ブログ

頻脈(発作性上室性頻拍症)の患者さんが来ました

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日のテーマは頻脈発作です。

動悸の症状で来院

 

今日は不整脈の患者さんが来院されました。数時間続く頻脈発作です。頻脈とは、脈が速いという意味で、通常1分間に60回位脈を打つのが正常ですが、このかたは1分間に150回位脈を打っていて、強い動悸を感じていました。

心電図検査をとると・・・

直ちに心電図検査を行ったところ、タイトル通りの不整脈発作でした。

『発作性上室性頻拍症』です。

このような不整脈の場合、速やかに不整脈を取り除く必要があります。というのも、長い時間頻脈が続くと心臓に負担がかかってしまい、心臓の機能が低下するだけでなく、心不全を合併することもあるからです。

このかたは速やかに当院の連携病院である

船橋市立医療センターに連絡を取り、搬送治療をお願いしました。

頻脈発作の種類

脈が速くなる不整脈には多くの種類があります。今回のような発作性上室性頻拍、心房細動、心房粗動、心室頻脈、洞性頻脈、などいろいろです。不整脈によっては、直ちに治療を要するものから、治療の必要がないものもあります。

頻脈を感じたら、循環器専門医を要する病院やクリニックでの診察、受診が必要です。

 

タグ: | |