院長ブログ

血管の健康診断

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

あなたは、血管の病気といわれてどんな病気を思い浮かべますか?

血管の病気は実に多彩です。代表的なものが急性心筋梗塞や脳梗塞、脳出血や狭心症や弁膜症、心不全もそうですね。

でも、血管は心臓や脳だけではありません。急性大動脈解離、腹部大動脈瘤、胸部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症などなど。

こうやってあげてみると、血管の病気は全身に及んでいるのがなんとなく見えてきます。

そして。怖いことにこれらの病気は重複します。

つまり、心筋梗塞などの心臓病を起こした人は、脳梗塞を起こしやすい。脳梗塞を起こした人は心臓病を起こしやすい。足の血管が詰まった人(閉塞性動脈硬化症)の人は、狭心症を起こしやすい。ということです。

ということは、次のようなことが言えるわけです。

脳の血管が詰まったことがある人は心臓や足の血管に詰まりがないか調べる必要があります。

心臓の血管が詰まった人は脳や足の血管に詰まりがないか調べる必要があります。

足の血管が詰まった人は脳や心臓の血管に詰まりがないか調べる必要があります。

血管の健康診断ということですね。

全身の血管は、つながっているのです。動脈硬化という病気のもとに。

当院では、動脈硬化の危険のある方(高血圧、高コレステロール、高中性脂肪、糖尿病、高尿酸血症、肥満、生活習慣病・・・・・)を対象に、積極的に血管の詰まりがないかを定期的に検査しています。

御心配のかたは、是非一度当院へ足をお運びくださいね。誠心誠意診させていただきます。

タグ: |