院長ブログ

若いメタボは心筋梗塞を繰り返す

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日のテーマは、『若いメタボの人は心筋梗塞を繰り返す』という内容です。

メタボとは?

以前、こちらのブログでも「メタボと心筋梗塞」というテーマで書かせていただいていますので、そちらを参考にしていただければと思いますが、メタボとは、メタボリック症候群の略で、内臓肥満を抱えた人がある一定の動脈硬化リスクを複数抱えると、メタボリック症候群と呼ばれます。

メタボリック症候群になると動脈硬化が進みやすくなり、心筋梗塞などのリスクが高まるといわれています。

では、メタボが原因となって心筋梗塞をおこしたら、一度ならず二度までも、というような事もあるのでしょうか?そしてその確率はどうなのでしょう?

メタボの心筋梗塞は再発しやすい?

ここにある論文を御紹介しますね。

Effect of the Metabolic Syndrome on Outcomes in Patients Aged <50 Years Versus >50 Years With Acute Myocardial Infarction』という論文で、心筋梗塞を起こした経験のあるメタボの人は50歳以上と50歳以下で再発がどう違うのか?ということを調べた研究です。

2082人の心筋梗塞の既往がある人を集め、メタボがあるかないか、そして年齢が50才以上か以下かでグループ分けし、心筋梗塞の再発率に差があるかどうかを調査したのです。

これによると、50才以下でメタボの人が他のグループに比べ心筋梗塞の再発率が有意に高かったというのです。

メタボの人は、若ければ特にライフスタイルや生活習慣の根本的な見直しが必要ということかもしれませんね。

あなたはメタボ、大丈夫ですか?

 

<院長プロフィール>

地元船橋の大穴北小学校第一回卒業生です

大穴中学校、県立千葉高校卒業

平成3年千葉大学医学部卒業

平成6年より2年間船橋市立医療センター勤務

平成8年 倉敷中央病院で循環器の専門トレーニング

平成9年より平成26年3月まで船橋市立医療センター心血管センター循環器内科副部長として勤務

平成26年5月すぎおかクリニック開院

<取得資格>

医学博士、日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医など

タグ: | | |