院長ブログ

糖尿病薬のGLP-1を使ったダイエットの危険

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

昨今、有る糖尿病薬が痩せ薬としてインターネットなどで広告としてうたわれているケースが増えているようです。

その薬は、GLP-1受容体作動薬という注射剤です。

海外で使われ始めていますが、日本では勿論保険適応外です。

GLP-1受容体作動薬の製造販売元4社は文書で適正使用を呼び掛け、同様に日本糖尿病学会からも見解・警告が出ています。

日本では、現時点で2型糖尿病のみを効能・効果としており、それ以外の目的で使用された場合の安全性および有効性については確認されていないのです。

ということは思わぬ健康被害が出る可能性も否定できないわけですね。

手軽にダイエットとは考えず、地道に頑張りましょう~

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ全員が循環器専門医資格を有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

タグ: | |