院長ブログ

糖尿病予備軍

こんにちは! 船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日のテーマは糖尿病です。その中でも、『糖尿病予備軍』についてお話させていただきます。

糖尿病予備軍とはどんな状態なの?

糖尿の程度は大きく3つに分かれています。一つは完全に正常で、全く糖尿の気がない状態。一つはまさに糖尿病と言われる状態。そしてもう一つが血糖が正常ではないけど、まだ糖尿病と言うほどでもない状態。

この状態を糖尿病予備軍、または境界型糖尿病を呼びます。

そしてこの3つのグループは正確に血糖値などで分類分けされています。

あなたは正常か?糖尿病か?境界型か?

まず空腹時の血糖値で分類する方法があります。空腹時の血糖値が110~125mg/dlだったら・・・、あなたは境界型糖尿病の可能性があります。

同様にヘモグロビンエーワンシー(HBA1c)という指標があります。これは過去1~2か月の血糖の平均を表しています。この数字が6.0%~6.4%だと糖尿病の疑いが否定できない、ということになります。

糖尿病予備軍の方への検査

75gOGTT検査という検査が推奨されます。これは、医療用のサイダーを飲んでいただき、その前後で血糖を計測することで、隠れた糖尿病を見つけ出すというものです。

血糖値が境界型の方は、正常な人に比べ、なんと6~20倍も多く糖尿病を発症すると言われており、将来糖尿病を発症する確率が高い状態なのです。

もし、健診などで糖尿病予備軍と言われていたら、是非75gOGTT検査を受けることをお勧めします。

当院でも、この75gOGTTは検査可能ですので御心配な方は是非一度ご来院くださいね。

 

タグ:
すぎおかクリニックLINE公式アカウント

「すぎおかクリニックLINE公式アカウント」只今お友達募集中です!

すぎおかクリニックからのお知らせや役に立つ情報などを配信しています。