院長ブログ

有酸素運動で高齢者の記憶力が向上する?!

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日は、『有酸素運動と記憶力』の関係についてお話します

運動と脳機能

年齢を重ねることで記憶力や集中力が低下することは誰しもが感じていることだと思います。

これは加齢によるものだから仕方のないものだ、とあきらめていたとしたら非常にもったいないかもしれません。

「Aerobic exercise improves cognition and cerebrovascular regulation in older adults」

2020年5月の「Neurology」に掲載されたこの論文によると・・・

平均年齢66歳で、記憶障害や心臓病の既往のない約200人を対象に有酸素運動を定期的に行ってもらったところ、約6ヶ月後に集中力などの脳の実行機能や思考力の改善が見られていたのです。

定期的な運動を続けることで、どうやら脳血流が増加した、というのがその理由のようです。

脳機能を改善する運動量

この論文では、週3回の有酸素運動を1日平均20分から始めて、1日平均40分以上まで徐々に増やしていったというものです。

効果がでたのは6ヶ月後ですので、すぐに記憶力や思考力が改善するわけではありませんが、地道に運動を続けると体力だけではなく、脳にもとってもいいことがあったなんて嬉しいですね。

 

当院は心臓血管病などの循環器疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に力を入れています。

動脈硬化を予防したい方、または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め多くの方に来院頂いています。

在籍医師は、院長はじめ全員が循環器専門医資格を有しております。

医師、専門スキルを持った看護師(糖尿病療養指導士、抗加齢学会指導士、心臓リハビリテーション指導士)、専門エコー技師、経験豊富な医療事務の全員で、チームで患者さんを診療させていただいております。

どうぞ安心してご来院ください

 

タグ: | | |