院長ブログ

夏風邪に注意しましょう

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今日のテーマは『夏風邪』です。

夏風邪とは?

夏に流行するのどの痛み、咳などの上気道炎の症状や腹痛,下痢などの消化器症状などを合わせて、夏風邪と呼んでいます。夏風邪のほとんどはウイルス性です。

ウイルスの場合、直接ウイルスを退治する薬はありません。ですから、咳がひどければ咳止め、鼻水がひどければ鼻水止め、下痢があれば整腸剤、という具合に症状に応じて対症療法としての薬しかありません。

夏風邪は治りにくい?

よく、夏風邪は治りにくいという話を聞きます。ですが、これは夏の風邪の原因となるウイルスが決して強力というわけではありません。あくまでも、我々の問題です。

例えば夏の熱さで疲れがとれない、寝苦しくて睡眠不足になっている、汗をかいて脱水気味になっている、など、こちらの抵抗力が落ちているために風邪が長引くケースがほとんどと思われます。

夏風邪を予防する

まずは、何よりも脱水を予防することです。しっかりと水分補給を心がけましょう。次に、うがいと手洗いです。冬場はしっかりうがいしている人も、夏になると油断してうがいや手洗いを怠っている人をよく見かけます。油断せず、こまめな健康管理がやはり大切ですよね。

ストレスをためすぎないこと、十分な睡眠をとること、バランスの取れた食事に心掛けること、などにも注意してくださいね。

タグ: