院長ブログ

不整脈と動悸

こんにちは。船橋市の内科、循環器、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

今回のテーマは・・・

不整脈

についてです。

このくくり、循環器専門医の立場からすると、実は相当広いので、ザックリと話しますので、ザックリと読んでくださいね。

不整脈というと、どんな症状が出るのでしょうか?

一般的には

動悸

ですよね。

動悸の訴えにも色々ありますが、今回は

期外収縮

についてお話しします。

期外収縮という不整脈は、脈をとっているうちに、何回かのうちの一回が脈が飛ぶ、ような自覚を持つ方がおおいタイプです。
健康診断でもよく引っ掛かる異常です。

では、病院でこの不整脈が見つかった場合、どうすればよいでしょうか?

「不整脈が出てるので薬出しておきますね」

と言われたら??

大間違いです!

もちろん、薬が必要な人もいないわけではありません。しかし、他の検査もせず、いきなり薬は使いません。

一般的には放っといて大丈夫ですが、状況次第で精密検査が必要な方もいらっしゃいます。

例えば、丸一日心電図をつけっぱなしにして、一日トータルの不整脈をみる24時間心電図(ホルター心電図)などがあります。

また、不整脈の中には薬が絶対必要なタイプもありますので、その点は注意してくださいねニコニコ

当院では、ホルター心電図はもちろんのこと、心臓超音波検査も完備していますニコニコ

不整脈検査もバッチリですニコニコニコニコ

(2014年3月の院長ブログからの再掲載です)

タグ: | |
すぎおかクリニックLINE公式アカウント

「すぎおかクリニックLINE公式アカウント」只今お友達募集中です!

すぎおかクリニックからのお知らせや役に立つ情報などを配信しています。