その他

その他

心臓リハビリテーション

すぎおかクリニックでは、船橋市の皆様のお役に立てるようさまざまな検査、特別外来を行なっております。
その中でも、心臓リハビリテーションはある意味特殊なものと言えます。
循環器に関わる病気の再発や予防に力を入れている当院としては欠かせない検査です。
実際、船橋市のクリニックでは唯一当院のみで行われれているリハビリです。
以前は、心臓の病気を起こした人は、まるで腫れ物にでも触るかのように、動いてはいけない、安静にしましょうという時代がありました。しかし、今は違います。心筋梗塞や狭心症などの心臓の治療後や心臓の手術後は早期から運動に努めることこそが病気の再発を防ぐことが証明されたのです。
しかし、多くの心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患や心臓手術後の方は、心臓の機能が低下してしまっていたり、入院中に安静にしていたことなどが原因となり体力が低下しています。また、退院したものの、動きすぎたらまた心臓発作を起こすのではないかという不安のため、退院後すぐには元の生活に戻れないことが多くいらっしゃいます。実際、心臓の病気を起こした後は、動かなすぎるのも良くありませんが、過度に動いて大丈夫というわけではないのです。このような方々に対して社会復帰、再発の予防、生活の質(QOL)向上といった観点から医療スタッフの指導のもとに適正量の運動を行うことが心臓リハビリテーションです。病気の後に、いたずらに薬を増やすのではなく、適切なリハビリ、運動を行っていけば薬を減らしていくことも十分可能なのです。
当院では心臓リハビリテーション指導士を始め、多くの循環器に精通したスタッフが在籍しています。院長の指導、診療のもと、個々人の心臓機能にあった心臓リハビリのプログラムを提供していますので、ご興味のある方は、是非一度お問い合わせください。
心臓リハビリテーションの対象となる病気は次の通りです。
心筋梗塞、狭心症、開心術(心臓手術)後、慢性心不全、大血管疾患(大動脈解離、大血管手術後)、閉塞性動脈硬化症

ペースメーカー外来

ペースメーカーは洞不全症候群や房室ブロックなど、脈が遅くなる徐脈という状態で、自分だけでは十分な脈拍数が保てない人に埋め込まれるものです。
よく、疑問に思われていることをお聞きするのが、「私の不整脈は将来ペースメーカーを入れることになるのでしょうか?」という質問です。
一般的な不整脈全ての患者さんに適応があるわけではありませんのでご安心ください。
当院にも多くのペースメーカー留置後の方が来院されています。
ペースメーカー留置後は、電池の消耗やリードの断線などが起きていないかなどの定期的なチェックが必要となります。もちろん当院ではペースメーカーチェックという形でペースメーカーが正常に働いているかを定期的に検査することをおこなっています。
ペースメーカーを留置されている人のためにペースメーカーに影響を及ぼす、または影響を及ぼす可能性のあるものをお伝えします。
低周波治療器、高周波治療器、発電設備、高電圧設備、レーダーのアンテナ、電磁調理器、IH炊飯器、体脂肪計、強力な磁場を発生する場所
携帯電話はペースメーカーから15センチ離して使えば安全と言われています。
医療機器でもペースメーカーに影響を及ぼすものがあります。MRI検査はその代表です。(今はMRI対応可能のペースメーカーを使われています)。一方で心電図やレントゲン、エコー検査などは全く問題ありません。

禁煙外来

すぎおかクリニックでは、禁煙治療が保険適用で行えます。
「タバコが悪いのはわかっているけどやめられない、出来ることならなんとかしたい」そう思われている方は大勢いらっしゃることと思います。
喫煙は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺がんなどの肺の病気だけでなく、動脈硬化の進行に大きく関わってきます。
タバコをやめられないのは意志が弱いのではありません。「ニコチン依存症」という立派な病気です。当院では院長はじめ、スタッフみんなであなたの禁煙を後押し、応援していきますのでお気軽にご相談ください。
当院では約3ヶ月のプログラム(5回来院)による禁煙外来を行っています。
最初の受診後、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後に受診していただきます。
毎回の診察で、禁煙補助薬と呼ばれるお薬をお渡しすると同時に息に含まれるCO(一酸化炭素)を測定します。
禁煙外来で健康保険が使えるのは以下の条件を全て満たした方です
1. 直ちに禁煙を希望していること
2. 1日の喫煙本数 × 喫煙年数 = 200以上であること
3. 禁煙外来に関する問診票でニコチン依存症と診断されること
4. 治療内容等の説明を受け同意すること

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは、簡単にいえば眠っている間に呼吸が止まってしまう病気です。通常英語の頭文字をとってSAS(サス)と呼ばれます。寝ている間には全く自覚症状がないので、多くの方が自分の無呼吸症候群に気づいていらっしゃらない可能性があります。
症状としては、昼間の強い眠気が典型的です。夜、十分睡眠をとったつもりなのに昼間にすっきりしない場合、潜在的な無呼吸症候群かもしれません。そのほかの症状としては、朝起きたときに口が乾いている、熟睡感がない、夜中になんども目がさめる、なども睡眠時無呼吸症候群を疑わせます。
睡眠時無呼吸は、タバコを吸うかた、寝る前にアルコールを飲まれるかた、太り気味のかた、高血圧や高コレステロールなどの生活習慣病のあるかたに多く見られます。睡眠時無呼吸は昼間に眠いという症状だけでなく、夜間血圧上昇を引き起こす関係で高血圧を進行させやすくなります。朝方の著明な高血圧で脳卒中や心筋梗塞などを引き起こしかねません。ご心配であれば、是非かかりつけ医への早期受診をお勧めします。
検査方法としては、簡易検査として夜間の酸素濃度や呼吸状態を簡単に計測できる検査を自宅に持ち帰ることができる検査があります。当院でもこの検査を行っているかたは多数いらっしゃいます。また、精密検査として一泊病院に入院して行う睡眠ポリグラフィ(PSG)検査を行うこともあります。
治療法としては、重症な睡眠時無呼吸症だった場合、夜に特殊な呼吸機器を取り付けて、いわば鼻マスクのような形で空気を送り込む機械、CPAPという治療法が適応です。これを使うことで、夜間の無呼吸が改善され、昼間の眠気が劇的に改善するようです。