院長ブログ

高血圧と全粒穀物の関係

こんにちは。船橋市の内科、循環器内科、心臓内科、糖尿病内科のすぎおかクリニック院長、杉岡です。

高血圧と塩分の関係はよく聞くと思います。

今日は、高血圧に全粒穀物が良い、という研究発表についてお話します

 

高血圧になると

そもそも、高血圧になるとどんなことがおこるのでしょうか?

高血圧になるとは、すなわち血管の中が常に高い圧力状態にあるということです。

水を流すホースが、いつもパンパンに張っている状態とイメージしてもらってもいいかもしれません。

そんな状態のホースがいつまでも大丈夫なはずはありません。

ホースは固くなっったり、ヒビが入ったり、切れてしまったり。

こんな状態が血管にも訪れてくるのです。

心臓の血管に異常が出れば狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患。高血圧性の心不全を起こすこともあります。

脳の血管に異常が出れば、脳梗塞や脳出血を起こすでしょう。

腎臓や網膜の血管に異常が出ることもあります。

ですから高血圧の予防は非常に大事なのです。

では、普段からどんなことに予防すればよいのでしょうか?どんな食事法を取ればよいのでしょうか?

今日は、高血圧に全粒穀物が良い、という研究報告をシェアいたします。

高血圧と全粒穀物

対象は、高血圧と診断されていない日本人1483人を3年間追跡しました。

その結果、「全粒穀物を全く食べない」グループに比べて「時々またはいつも摂取する」グループで高血圧発症のリスクが65%も低下したのです。

普段の食事のとり方でこんなにも血圧に影響が出るのは驚きですね

 

 

すぎおかクリニックには、心臓血管病、弁膜症、心不全のかたはもちろん、糖尿病のかた、動脈硬化を予防したい方、狭心症・心筋梗塞または心臓病を発症したあとの再発予防のかたなどが船橋市、鎌ケ谷市、習志野市,、市川市、千葉市を始め県外からも多くの方に来院頂いています。初診のかたには、オンライン診療も行っています。

 

 

タグ: | | | | |